Monosnapはすごい

Monosnapはすごい

webを見ていて、最近はキャプチャー画像が多く説明が直感的に理解できるようになってきていると感じていた。
ただ、どうやって画面の一部分をキャプチャーしているのかは不明で、まさか昔ながらの「Alt + PrtSc」でアクティブ画面をキャプチャーした後、必要部分をペイント等で加工してるの?そんな面倒なことをやってるの?なんて想像していた。

自分で記事を書くようになって、分かりやすくするためには画像が欲しいなぁ、何かないかなぁと考えていたところ、昔に周りの人間から「snip・・・(後半部分は不明)」なるキャプチャーツールを教えられていたことを思い出した。
ただ、正式名称は思い出せないのでWindowsスタート画面(Windowsキーを押した後に出てくる画面)で「snip」と入力してみる。(←これ、意外と便利な小技です。)

すると、最も一致する検索結果として「snipping Tool」が表示された。そうそうそれそれ、早速起動してみる。
Snipping Toolが起動したけど、画面の中に「切り取り&スケッチを使ってみる」というボタンがあるので押してみる。Snipping Toolではキャプチャーしたい画面を最前面にしておく必要があったが、「切り取り&スケッチ」には「今すぐ切り取り」、「3秒後に切り取り」、「10秒後に切り取り」と画面を切り替える準備時間が用意されていてちょっと親切になっている。

自分のしたいことは、切り取った画像に対して四角や楕円で押すボタンを明確にすること。そういう使い方を考えたときに「切り取り&スケッチ」はマウスの動きで線や蛍光ペンを引けるがミミズが這ったような状態になるので使えない。ただ、「winキー + Shift + S」で起動するらしいので、仕事で画面をキャプチャーしてそのままWord等に貼り付けるという使い方を想定すると、結構便利そう。その場合はWord等に貼り付けてから図形ツール等で加工すれば良いのでミミズが這った状態にはならない。

とはいえ、記事に貼り付ける場合は、Word等に貼り付けずに加工したいので「キャプチャー 加工」で検索。

ふんふん、いろいろ便利なツールがあるのね。しかもほとんどがフリー。で、いろいろ調べてみると「Monosnap」が使いやすそうなのでインストールしてみる。ダンロードサイトはこちら。クリックすると以下の画面が出てくるので赤く囲った場所をクリックすればダウンロードできる。

ダンロード→インストールしたので早速使ってみました。直感的に使えて簡単です。なお、キャプチャーするのに部分抽出かフルスクリーンかで押すキーが異なるので覚える必要があります。

部分抽出:Alt + Ctrl + 5

フルスクリーン抽出:Alt + Ctrl + 6

とはいえ、これらはMonosnapを起動すると、画面右下にMonosnapのアイコンが現れ、そこで右クリックor左クリックすると表示されるので忘れてしまっても大丈夫。

以上、キャプチャー便利ツールの紹介でした。