Pycharmインストール

Pycharmインストール

PyCharmをインストールする。

Pycharmのダンロードはこちらから。

①自分のOS(Windows)を選択する。
②「Community」の「DOWNLOAD」をクリックする。趣味でPythonを覚えようとしているのと、高度な使い方はできないと思われるので「Professional」は選択しない。

PyCharmダウンロード画面その1 PyCharmダウンロード画面その1

 

番号なし:ダウンロード中に以下の画面に切り替わるが何も入力しない。

PyCharmダウンロード画面その2 PyCharmダウンロード画面その2

 

③ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックする。
PyCharmダウンロード画面その3

PyCharmダウンロード画面その3

 

④当然「Next」をクリックする。

PyCharmインストール画面その1 PyCharmインストール画面その1

 

⑤インストール先を特に変更することなく「Next」をクリック。

PyCharmインストール画面その2 PyCharmインストール画面その2

 

⑥拡張子「.py」を関連付けるためにチェック。「.py」が拡張子のファイルをダブルクリックするとPyCharmが起動する(はず)。
⑦Anaconda(Python)インストールのときはパスを通したけど、PyCahrmはスタートメニューから起動するつもりなのでチェックしない。
⑧「Next」をクリック。
PyCharmインストール画面その3

PyCharmインストール画面その3

 

⑨「Install」をクリック。インストールが始まります。
PyCharmインストール画面その4

PyCharmインストール画面その4

 

番号なし:インストール中。結構時間かかります。

PyCharmインストール画面その5 PyCharmインストール画面その5

 

⑩「Finish」をクリック。インストール自体はこれで終了。だがしかし、PyCharmを使えるようになるにはここからが重要。

PyCharmインストール画面その6 PyCharmインストール画面その6

⑪デスクトップ上のショートカットをダブルクリック。(「PyCharmインストール画面その3」で「Create Desktop Shortcut」にチェックしていなかったがなぜかショートカットが作成された。何回となくインストール、アンインストールを行っていたのでその時の失敗設定が残っているのか?)

PyCharmセットアップ画面その1 PyCharmセットアップ画面その1

 

⑫インストール済み旧バージョンの設定を引き継ぐかの選択。特に引き継ぐべき設定はないので「Do not import settings」を選択。
⑬「OK」をクリック。

PyCharmセットアップ画面その2PyCharmセットアップ画面その2

 

⑭UI(=User Interface =画面)の選択。何となく、黒いほうがかっこよく見えるので「Darcula」を選択する。
⑮必要か良く分からないが「Next:Featured plugins」をクリック。

PyCharmセットアップ画面その3
PyCharmセットアップ画面その3

 

⑯何に使うpluginかよくわからないのでインストールしない。「Start using PyCharm」をクリック。
PyCharmセットアップ画面その4

PyCharmセットアップ画面その4

 

⑰いよいよPyCharmを使おうとして挫折するポイントに突入。「Create New Project」をクリック。
PyCharmセットアップ画面その5

PyCharmセットアップ画面その5

 

⑱さぁさぁ、自分を含めた初心者には???な内容に突入しますよ。ここでくじけた人が多いのではないでしょうか。実際、自分もここで何回となくくじけて参考サイトを検索しながらよくわかんねぇなぁとつぶやいていました。なので、自分的には細かい動きを追いながら、くじけた人が一歩前へ進めるように書いているつもりです。で、本題。⑰で「Create New Project」を選択したのでプロジェクト名を決めて入力する。参考サイトではtestとかsampleとか適当な名前で良いと記述されているが、後々のことを考えると、どのようなプロジェクトかをわかるような名前にしたほうが良いと考える。自分はHello Worldを出力したいので「helloworld」プロジェクトとする。
⑲くじけポイントその2です。⑱でプロジェクト名を入力しても「Create」を押せない場合が多々あります。これは、PyCharmがPythonを認識していないのが原因なのでPython(今回の場合はAnaconda)の場所をPyCharmに教えてあげる必要があります。で、PyCharmにAnacondaの場所を教えてあげるためには「Project Interpreter:Existing interpreter」の三角マークをクリックして下記画面を呼び出します。
⑳「Existing interpreter」をチェック。過去にPyCharmにPython(Anaconda)を認識させている場合は、その場所(パス)が表示される場合もあるようであるが、今回は表示されず<No interpreter>が表示されている。
(21)(丸囲みの番号が打ち止め)Anacondaの場所をPyCharmに教えるために参照マークをクリックする。

PyCharmセットアップ画面その6 PyCharmセットアップ画面その6

 

(22)「system Interpreter」を選択する。
(23)参照マークをクリックし、Anacondaがインストールされている場所を選択する。
(24)すみません、番号が重複しています。インストール場所を確認した後、「OK」をクリックする。

PyCharmセットアップ画面その7 PyCharmセットアップ画面その7

 

(25)改めてAnacondaインストール場所を確認。
(26)「Create」をクリックする。

PyCharmセットアップ画面その8PyCharmセットアップ画面その8

(27)Tipが表示されるが、特に興味ないので「Show Tips on startup」のチェックを外す。
(28)「Close」をクリックする。
(29)参考情報。PyCharmを起動してしばらくは、なにかウゴウゴしており、反応が鈍い場合がある。

PyCharmセットアップ画面その9 PyCharmセットアップ画面その9

(30)ここもまた、くじけポイント。下記画面が表示されて、「で、ここから何をしたらいいの?」となった/なっている人が多いのではないでしょうか。大丈夫、前に進めます。まずは、⑱で設定した「helloworld」プロジェクトを選択(左クック)。

PyCharmセットアップ画面その10 PyCharmセットアップ画面その10

 

(31)「File」→「New」を選択(左クリック)。なお、本動作は(30)選択後、「Alt + Insert」でも同じです。PyCharmの操作に慣れてくると、「Alt + Insert」派が増えてくるのではないでしょうか。

PyCharmセットアップ画面その11 PyCharmセットアップ画面その11

(32)「Python File」を選択。

PyCharmセットアップ画面その12 PyCharmセットアップ画面その12

 

(33)作成するPython Fileの名前を入力する。Hello Worldを出力するので「helloworld」とする。なお、プロジェクト名とPython File名の関係は以下のような関係であると考えている。プロジェクト名:大きなプログラムを書く場合の格納フォルダ名。Python File名:大きなプログラムの中の部品プログラム名。なので、Hello Worldを表示するだけならプロジェクト名=Python File名となるのが自然と考える。
(34)「OK」をクリック。

PyCharmセットアップ画面その13 PyCharmセットアップ画面その13

 

(35)いよいよ「Hello World」を出力するためのプリント文を入力。(33)で「helloworld」Python Fileを設定したので「helloworld .py」という名前のPhthonFileが作成され、そこに「print」と入力すると、print文の入力ルールが勝手に表示される。そうそう、これがIDEの素晴らしさ。うーん、プログラマーっぽい。で、ここで「print(‘Hello World’)」と入力しています。(画面キャプチャし忘れました。)

PyCharmセットアップ画面その14PyCharmセットアップ画面その14

 

(36)「Run」→「Run」を選択。

PyCharmセットアップ画面その15 PyCharmセットアップ画面その15

 

(37)(35)で入力した「print(‘Hello World’)」をいよいよ出力します。「helloworld」を選択。なお、(36),(37)は「print(‘Hello World’)」を入力したエディタ画面内で右クリック→Run”現在のPython File名”、もしくは「Ctrl + Shift + F10」でも同じです。右クリックが便利ですかね。

PyCharmセットアップ画面その16 PyCharmセットアップ画面その16

(38)やったー!「Hello World」が表示されましたー!!やっとPythonの入り口に立つことができました。やっぱり全然簡単ではなかったです。これから頑張ろー、オー!

PyCharmセットアップ画面その17 PyCharmセットアップ画面その17