Python用勉強本

Python用勉強本

Pythonを勉強するために3冊の本を購入している。
1冊で済めばよかったのだが、初心者向けかつ必要十分という本に当たらなかった。
とはいえ、別に外れたとは思っていないので、同じように勉強のためにどの本を買うべきか悩んでいる方々に対して参考になればと購入順に記述します。

みんなのPython


 入門書として有名と思われる「みんなのPython」。レビュー評価も高く思わず購入。
網羅的かつ丁寧に解説されていいるとと思います。良い本です。
ただ、初心者向けかというとそうではないんじゃないかなぁ、というのが自分の感想です。
というのも、自分としては、網羅的でなくて良いので便利なツール的なコード(プログラム)が例として記述されていて、それをコピーしつつ、少し改造したらどうなるの?動かなくなるの?というのをやりながらPythonを独学するのが理想。
それに対してみんなのPythonは、この関数の使い方(特にオプション)がよくわからない、もしくはPythonのこの部分の考え方がよくわからないという初心者を脱した方々向けと思われる。なので、今の自分には難しいですがいつかはこの本を参照し、物足りないなぁと言えるようになりたい本です。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで


 次に買ったのが、「独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで」。これはこれで良い本だが、自分が今欲しいPython本とはちょっと違った。自分が今欲しいのはHello Worldよりちょっと複雑なことを具体的に例示されていること。かつ実用的だとされに嬉しい。という観点からすると、この本はちょっと違った。とはいえ、プログラマーとしての考え方や成長の仕方が書かれていて、継続的に読み返す本になると思われる。

できる仕事がはかどるPython自動処理全部入り


 その次に買ったのが、「できる仕事がはかどるPython自動処理全部入り。」。これ、自分的には大当たりだった。というのも、具体的な使用方法とそれを実現する数十行のコードが示されているから。具体的な使用例というのはプログラム初心者にはとても重要と考えている。初心者は(自分だけ?)あまり想像力がなく、具体的な使用例がないとプログラムによって何ができるかよくわからない。漠然とネットからpdfをダウンロードしてそれを加工したいなぁ、と考えても、コードの長さがどの程度の長さになるのか、どこから手を付ければよいのか全くわからない。
 「できる仕事がはかどるPython自動処理全部入り。」は具体的な使用方法とそのコードが記述されており、Pythonを使って何ができるか、そしてそれはどのようなコードで実現されるのかが明確で、自分がほしいと思う勉強本に一致していた。同じような考えでどの勉強本を購入するべきかを悩んでいる方におすすめです。